熊本県八代市の歯医者、インプラント、審美歯科、矯正歯科、予防歯科を中心に治療をしております。

インプラント・入れ歯

歯を失って悩んでいる方は、インプラント

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んでなくなった自分の歯を、周りの歯を削ることなく回復してあげるのがインプラント療法です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができるから、骨の変形も少なくなることが知られています。

インプラント症例

インプラントは天然歯に見え、かつ感触もほとんど同じです。インプラントは純チタン製で、顎の骨の中に埋入します。インプラントは骨と半永久的に結合し、人工の歯根として機能します、インプラントは歯根のように機能し、新たに被せるクラウンをしっかり支える土台となります。通常クラウンを被せる前にインプラントを埋入した後、数週間の治癒期間をおきます。それまでの間、仮のクラウンを被せることもあります。最後に人工のクラウンをインプラント部に被せます、クラウンはポーセレン製や金属が内側に施されたポーセレン製のものが主流です。

術前

術後

 

治療の流れ

診断と治療

診断と治療失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め、総合的に検討した上で治療計画が立てられます。

一次手術
顎の骨にインプラントを埋め込みます。
治癒期間
一次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。
二次手術
歯茎を開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯茎が治るまで1~6週間おきます。
人工の歯を作製・装着
歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付け、スクリューで固定します。この他、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。
メンテナンスと定期検診
インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの仕方などについて適切な指導を受け、半年に1回程度の定期検診をおすすめします。

ピエゾサージェリー

piezo4ピエゾサージェリーは、超音波による切削装置の一種であり既存の切削器具と違い骨や歯茎への負担を最小限にする事が可能です。超音波による振動で切断を行うことで骨の負担を極力減少させるだけでなく、腫れや痛みも小さくすることが可能です。

 

よくある質問

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属やばねを使用しない歯肉の色に近い樹脂による入れ歯です。そのため審美性に高く入れ歯をしていないかのような外見をしています。さらに樹脂による固定のため金属等を利用した入れ歯のようにほかの歯を傷つけることがありません。適応できる症状等は限りがあり2~3年で作り直す必要がありますので希望の場合は事前に検討が必要です。

non-clasp_1

よく噛める磁石式入れ歯

 磁石式入れ歯は磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着します。歯根に磁性金属を取り付け、入れ歯に「超小型磁石」を埋め込みます。歯の無い方は、インプラント(人工歯根)と組み合わせてご利用して下さい。わずらわしいバネや複雑な仕掛けなどが無いシンプルな構造なので、簡単に装着、取り外しができます。小さくても強力な磁石なのでピッタリと吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中でガタガタ動くこともありません。お手入れも簡単にできます。

 

シリコンデンチャー

 

金属床義歯

精密な金属の骨組み(メタルフレーム)を用いた入れ歯です。

入れ歯の設計、材料を自由に選択できます。金属を主体としているので、壊れにくい構造です。一般的な入れ歯よりも発音や異物感、味覚への影響を抑えられます。

ご相談等お気軽に TEL 0965-35-0011 平日 9:00~12:30 14:00~18:30
土曜日 9:00~12:00 休:日祝

PAGETOP
Copyright © 渡辺歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.